中庸が目標

日記系になるのだろうか。予定は未定。 発言したいときには発言できないと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軸のブレた話

久しぶりに久しぶりですが、ちょっと思ったことでもつらつらと。

なんか予算不足で予定していたやりくりが出来そうもない様子ですね。 最近久しぶりにテレビを見て、そんなことを知りました。 見ながら、 資料 を読みながら、

食べるものがないならなら間引きすればいいのに

とか思った僕は死刑ですかそうですか。

日本での死亡率や死亡数のグラフの形が、昭和22年のものと平成に入ってからのものとでは随分と違いますね。 昭和22年のデータを基準として考えてみました。

死亡率のグラフに関して言えば、男女ともに生まれた瞬間から随分と生き残るようになりましたね。 同ページのコメント通りの様です。そのコメントの比較対象は平成12年のものですが。

男女ともおおむね100歳以上を除くほとんどの年齢で改善されている

死亡率は一桁ほど落ちてますね。

死亡数に関して言えば、分布が変わってしまいました。 ピークが一個消えてしまいました。 フィッティングする関数で、20-30代のブロードなピークに対応させる項を追加すべきか悩みます。 そんなレベルです。

続く生存数のグラフも随分右にシフトするようになりましたね。 まぁ、これらのグラフ全部割合なんですが。 その人間全員に費用を充てようと考えると、まずは人数をはじき出すのに、分布階級の人数に上記の生存数(という割合)を乗じなければいけないんですが。

そんな感じで、実際の人数でどうなんでしょうね? あ、人口ピラミッド見たい。 あったあった、ありました。 これで何がしたかったかというと、(全員生き残るという前提で)今年一年どれだけの費用を国が負担する必要がありそうか、を見積もれるだろうな、と。 男女それぞれ(上から三角形、長方形、台形の)3つのエリアに分けて面積を概算する目処がたったので満足しました。

まぁ、途中で死んだら国的には負担しなくて良いので「儲けた」と考えてもらいましょう。 機会費用を皮算用して「税収が減った」と嘆くかは、その死んだ人の収入次第ということで。 その算出方法自体も怪しくなってきましたね。

---

ええと、こんなことをしたかった訳ではありません。 いや、数字をいじるのは嫌いではないのですが、そこは今日のメインではなく。

人口を半分くらいに減らせませんかね?年齢問わず。 お金が足りないから(国的な意味で)。 人を扶養するのもけっこうかかるものですしね。 そろそろ企業だけではなく、国が早期退職者を募集してもイイ頃だと思うんですよ。人生の。

まずは希望者を優先的に処理してあげて、目標数に達しなかった場合は、仕分け作業に入ります。 最初のスクリーニングではやっぱり 「どれだけ経済的に消費行動をしたか」かつ「その財政活動を維持できる年数の期待値」でしょう。 今の問題は国家財政がまわっていかないことだから。 「老人が多すぎる。邪魔だ」ということが理由なら年齢別に消毒していって良いのですが。 そんなわけで消費行動でフィルタをかけて、

レンホー「あなたが生存することで当該国に与えられるメリットを示してください」

とか聞いて「廃止」「縮小」とかしたらちょっと事態が変わるかも知れません。 反応としては

  • レンホーかわいいよレンホー
  • ('A`)「・・・」
  • 私の話も聞いてください。一方的にただ質問に答えろというのは心外だ。
  • ちょっwwうぇうぇっw

とかあっておもしろいかも知れません。 ちょっと背中を押してあげるだけで、新しい一歩が踏み出せるかもしれません。 新しい年、新しい自分にチャレンジ!!

処理施設として安楽死施設とか作ってくれるとありがたいですね。 しかしそれでは国として、為政者=経営者としは嬉しくないですね。 その血の最後の一滴、断末魔の苦悶までもが国の経済活動に寄与してもらわないと。 とすると、簡単なのは臓器として売り出すことですか。 もしくは何かしらの労働力。 本人達にこれ以上活動する意志がないことは早期退職者募集にて明らかなので、生体的に何か仕組みを作らなければなりません。 しかし、エネルギー的に収支がとれるものでしょうか。まだまだSFの域を出ませんね。 ということで、やっぱり臓器売買が主流ですかね。 人身売買は大口の顧客がちょっと思いつけません。 あとはスナッフとかへの出演、もしくは体験ツアーでの材料でしょうか。 でもこのあたりはトータルの収入にくらべた割合は少ないかなぁ。一部熱狂的なマニアが大金使ってくれればよいのですが。 あとはそういった施設のメンテナンス費用も別途かかりますか。頭の痛い話です。

そんなわけで早いところ不良債権を処理するに限ります。 結構本気です。 当然自分は処理される側です。

生きることを第1の目標とおいていませんから。何事にも優先するモノとして扱えてませんから。 だからといってそこで「じゃぁ、今すぐ死ねよ」というのは推論の誤謬というやつですよ。 ヒューリスティックだけでは論理的頑強性を満足させることは出来ませんからね。

さて・・・何でこんなコトを書いているんでしょう。 まだ外界に期待しているのでしょうか。 なにか外から働きかけてくれるとでも?いやそれは考えずづらい。いままでの経験をもとに考えると。 しかし、こんな作業をしてエネルギーを割くからには、その行動自体に価値を見いだすか、 その行動を投資として何かしらのリターンを期待しないと話にならないわけです。 はて。

自分が何かに期待していると仮定できたとして、何を期待しているのでしょうか? 期待できる何かがあるとしたら、何に期待する、期待出来うるでしょうか。

  • モノ
  • コト
  • 考え方

---

それにしても、僕がこんなコトを書いていますが、それが原因でどっかから荒らされて精神状態が悪化したらどうなるんでしょう? なにか方策はあるものでしょうか?

まぁ、実害ないですからね。 荒らされても。 荒らすモノも自体が無いですし。

むしろ好都合かも。 病状が悪化してI can fly!なんて出来ればそれこそ早期退職、人生の勝ち組じゃないですか。 アーリーリタイアメントなんて。 そうすれば世にまつわるコトのせいで悶々とする日々から脱却できましょう。 そして、万が一コトが表沙汰になっても、「荒らしが引き金になった」という解釈が成り立ちうる時系列の順番が成り立ち得ますからね。 因果関係の成立じゃないですよ?ここ大事なのでテストにでます。

まぁ、なんだかんだいって、その荒らしを受ける元である外界を重要視していなければ、なにをされても関係ないはずですからね。 どうでもいいんですよ。 自分とはわかり合えない、と達観した人から見れば。 それと同時に、外界にとっても自分のような存在は在ろうが無かろうが違いの無いモノというくらいの認識しか無いはずです。 ま、そんなもんですよね。

スポンサーサイト

コメント

Googleカレンダーの記事から来ました

確かに国もリストラをし、スリムな体質にしていかなければいけません。
おもしろいシミュレーションと思いましたので、私の感想・意見をば。

まずは、即効性のある施策と思いますが、制度の発足・維持にはかなりの税金が必要となりそうです。臓器売買で収入を得るアイデアは良いですね。しかし、臓器の選定、摘出、鮮度の維持、不要部分の処理、流通等、退職者が膨大になる場合には大規模な設備と人材が必要となりそうですね。さらには、人生早期退職金を税金から支払う必要も生じそうです。

1人あたりの平均単価が1000万円とすると、累計2000万人の希望者(人口の2割)がいた場合、1000兆円の売り上げとなり、医療業界の平均利益率は約2%ですので、これを参考にすると20兆円の利益となります。
民主党もこれで「20兆円捻出」の公約を果たせて安心です。

他に思いつく削減する為の方法としては、
1) 医療行為で寿命をコントロールする
2) 宗教的な発想でいけにえる(国教を定めて操作する)
3) 減るまで待つ
どれも実現・実効までに時間がかかってしまいますね。
即効性の意味では、
4) 戦争を始める
なんていうのも有ですか

それにしても、「完全生命表」なんてSFチックな名称がついているんですね。

(以下参考URL)
臓器売買の相場:
http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=367
医業利益率:
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/igyou/igyoukeiei/dl/houkokusho3_0006.pdf
民主党公約
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html

  • 2010/03/06(土) 14:56:16 |
  • URL |
  • 休日出勤なう@社会人3年目社内SE #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://314159265358.blog52.fc2.com/tb.php/763-b7be1133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。