中庸が目標

日記系になるのだろうか。予定は未定。 発言したいときには発言できないと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語Lyx on Win32で画像(eps)をやっと表示

Lyx on win32 in Japanese とかで書いているように、 僕は、Windows環境でLyxに日本語を入力したりしてレポートを作ったりしている。 Meadow+YaTeXだったり、Lyxだったり、あまり節操がない。 どっちも使う。

Lyxを使う理由は、図を見ながらレポートの内容を書ける、という点で優れていたのだ。 それも、LaTeXのクロスリファレンスが使える状況で。

ところが。 ところが実は僕は使えてなかった。 画像を表示させようとすると、

画像を表示可能な形式に変換するのに失敗しました

とepsを表示できずに枠線しか表示されていなかった。

もっともこれはこれで、Meadow+YaTeXよりも便利ではあったのだ。 枠線だけでも表示されていて、「ここは図があるんだ」と分かる点において。 まぁ、似たこを体験している人はいるようだ。 Lyxとおたわむれ にて

不思議な点

Vineだと図(画像)の表示でエラーが出て表示できません。例外的にxfigでeps出力したデータだけ表示できます。ただLyx上以外(出力したdvi,pdf,html,ps等)で図はちゃんと表示されるので実害はありませんが気持ち悪い。同じRPMを Debianでalienして使うとちゃんとLyx上で画像が表示されます。Vineで何かツールが足りないのかな?不明。多分converterを ImageMagic以外にすればいけそうな予感がする。てゆーかImageMagicがはいたepsはLyxで表示できないのが問題だ。オプションの問題だろうか?

そうはいっても、表示できるものなら表示させて、もっと楽に効率的に作業できる環境を整えたい。 ということで、どうやって表示させたものか、と考えていた。

実はjpgやpngなどはLyx内ですでにデフォルトで表示できていたので、まぁ上の人の様に変換方法の問題だろう、と。 逆にいうと、そういう見当がついていなければ、このような作業に時間を使うのも面倒であり(以下略。

How LyX handles figures で、 Lyxで画像を表示する処理の説明があって、まぁ、そのどこかで読み込み可能な形式になれば大丈夫だ。 反対に表示できないということは、トライしたすべての変換した結果、読み込み可能な形式に辿り着けなかった、ということ、らしい。 変換の順序は

  1. Lyxにて、デフォルト設定+自分で変換形式を設定した変換方法
  2. ダメならimagemagickでのconvert

そういうわけだったので、自分の設定で、eps->pngに変換してくれる設定をした。 Lyxのツール(T)->設定(P)のウィンドウ内、変換ぷろぐらむ(converter?)でeps->pngを作成する。 まぁ、いきなり戦隊モノの怪人に対して巨大ロボで踏み付け、巨大化するまえに殲滅。 仮に巨大化されても、先手必勝で必殺技を叩き込む。 耐えられたらオワタ\(^o^)/となる。 そのような設定方法です。 なに、動けば良いのです。 動くのが正義です。 可愛さが基準です。

設定は以下の通りにして、追加のボタンを押すことになる。

  • 変換元:EPS
  • 変換先:PNG
  • 変換プログラム:convert.exe $$i $$o
  • 追加フラグ:- (何も入力しない)

で、さっき書いたように「追加」ボタンを押して、変換プログラムにEPS->PNGが増えたことを肉眼で確認。 更に適用(A)ボタン、保存(S)ボタンを押して、その設定ウィンドウが閉じる。

(脇道) 全角の$は半角の$に置換して入力。 jsMathが悪さをしている。 数値文字参照、実態参照でダメも数式モードとして認識してしまう。 はて。 (脇道終了)

ここまできてからツール(T)、再コンフィギュア(R)を押して、「Lyxを再起動しろ」と言われるので再起動。 するとめでたくincludegraphixをしてるつもりのEPSがLyx内でも表示してくれるわけです。

lyx_eps2png.PNG

どうでしたか? いや、便利になった気がします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://314159265358.blog52.fc2.com/tb.php/721-ba484846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。