中庸が目標

日記系になるのだろうか。予定は未定。 発言したいときには発言できないと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付加質量

夜空に星が瞬くように、
燃えた心は殺せない。
例えこの手がもがれても、
私がそれを忘れぬ限り。
忘れぬ限り。
スポンサーサイト

どちらでも

眠れなくてWebの海を徘徊しています。明日は明日で大事な用事があるのに。

最近服用する薬を一種類増やしました。また人体実験の日々です。

最近、以下のような症状が出ます。
  • 頭が痛い
  • 頭が膨らむような感じがする
  • 頭への血流量が増えた気がする
  • 喉が乾く
  • 座っていても目がくらむ
  • 吐き気がする
こんなところですかね。なんか整備不調な気がしますが。まぁ、動いているので壊れるまでは動くでしょう。

いや、薬の副作用か、風邪でも引いたのかを迷っているのですが、どちらにしても良い状況ではないようですね。はいそうですか。寝ましょうか。いや、寝れないんだった。いやでも明日は明日で用事が・・・。

ソイジョイ

ソイジョイ、おいしいですね。研究室に行っておな化が好いたなと思って気がついたら、2本食べてました。

カロリーメイトと較べるとしっとりしてます。もっちりもしています。これも主力になるかもしれませんなぁ。

どこのポケットに一つにまとめるか

僕は紙を元にして作業している。フォルダを開いてすぐ一覧する。

手書きのリストもある。それは問答無用でフォルダにはさむ。

PCに入力した(ThinkingRock経由の)リストもある。これはエクスポート機能やレポート機能を浸かって印刷して、一度紙に出力している。

つまり、インプットは2つ。手書きとキーボード。アウトプットは紙。こうやって情報をかき集めている。

ダブるデータがあるだろうって?そんなことは気にしませんよ。見つけたらuniqすればよいだけです。漏れがあるよりかはダブりがあるほうがいいでしょ。リストとして。もう一回それについて思い浮かべるだけなんだから。

と言う方法でしばらく運営してみます。とりあえず、今日のreviewはできました。はい。

inboxはA4よりもレターサイズで

inboxとなる書類トレイをレターサイズに変えてみた。今までA4サイズで使っていた。非常に良い。

今までA4のクリアフォルダやクリアファイル、A4のファイルなどをinboxに綺麗にいれることができなかった。が、書類トレイをレターサイズにすることで、それら全部を綺麗に積み重ねることができた。

それだけで、机周りのファイル散乱状況が随分と改善される。そのメリットに必要な代償は、僅かな書類トレイサイズ拡大だ。本当に僅かなのだ。縦横1センチ前後。それだけで、これだけの整理した感があるとは。個人的にはレターサイズをお勧めする。強く。

あとは、inboxの底を見るまで一つずつ処理していくだけ。

ThinkingRock nextaction reportをいつ印刷したか

ま、分かりにくいタイトルですが、要はこんなことをできるようにしよう、という改造(?)です。 ThinkingRock_nextaction_header.PNG
ご覧のように、右上のフッタ、レポート作成時を表示するときに、「日付と何時までではなく、何日何時何分何秒まで表示したい」という人向けです。 画像の赤下線部を付け足しましょう、という話です。 以下手順。
C:\PROGRA~1\THINKI~1\extract\report>diff.exe -u next-actions.fo next-actions.fo.org
diff.exe -u next-actions.fo next-actions.fo.org
--- next-actions.fo Thu Feb 22 18:50:12 2007
+++ next-actions.fo.org Sun Feb 11 18:15:28 2007
@@ -68,7 +68,7 @@
</fo:table-cell>
<fo:table-cell>
<fo:block text-align="end">
- <xsl:call-template name="format-datetime">
+ <xsl:call-template name="format-date">
<xsl:with-param name="d" select="date"/>
</xsl:call-template>
</fo:block>

format-dateをformat-datetimeに変えるだけです。

いや、どうもデフォルトの出力が気になって仕方がなかったのです。時間表示で"hh:"のみ、というのが中途半端で。という話です。

まだ動いています

今日も大学に行けた。2日連続とは珍しい。それも8時間外出。きっと明日は壊れるに違いない。

11:00に大学に到着。あっと思ったら17:00。はて。

帰宅中には目を通しておきたい資料を読むことができた。まぁ、インプットすべき文字数は多くなかった。解釈すべき事柄は多かったが。自分がどこまで解釈できていることやら。

普段と較べると、今日は非常にテンションが高い。外出できるくらいに。驚きだ。もしこれが躁で、鬱になったらやだな。ということで、あまり今夜は頑張らずに早く寝よう。うむ。

引火?

また廃人になってました。土曜に外出して以来の廃人。3日間。今回は短かったです。

21:00頃になって研究室に行くことを決意。てくてくと夜道を歩くヒキコモリが一人。

学校への往路はやはり廃人。これは予想通り。まぁ、動いているから良いか、と言った感じ。移動時間を浪費している。GTDやってるとはいえないな、全く。

大学についたら教官とバッタリ顔を会わす。話の流れで、論文提出への計画を吹っかけられた。で、細かいタスクを次々と振られ、話の流れで
どのような視点から見れば、論文執筆に必要なタスクの生成ができるのでしょうか?
それは経験だ。(断言)
僕には経験がないからそれができないのでしょうか。
そうだ。君にはまだ経験がない。だからできない。
なんて事を言われて、「経験がないのが理由なら、この環境で経験してやらう。この環境で経験できるものなら。」という気分になった。珍しいことだ。久しぶりに血が騒ぐ。

それにしても恐ろしい。自分は勝手に「君は能力はあるんだけどねー」という幻聴を受信しているのだ。先のやり取りには、僕の能力についての発言は一切ない。ただ、経験が足りないのだ。と断言されているだけだ。それだけで、自分の能力に不足はない、などと浅ましくも思ってしまっているのだ。ああ、なんという愚かさだろうか。

能力偏重主義と言う考え方が危ないんだよなぁ。しかもそれに自分がどっぷり浸かっている可能性が高い。なかなか萎えることです。

まぁ、それはそれで、大学に行く価値が今日一つ見つけられました。もう少し確認したら、その目標が確固としたものになるでしょう。

という興奮のもとこのエントリーを書いて寝ます。明日は起きれるかな。

やっとクリア

やっと戦国ランスの一週目をクリアしました。なかなかひやひやしました。なるほど。さて、2週目でもやりますか。

もう、今日は寝ますけど。

牛歩

今宵も戦国ランスをやっているのですが、アフリカ攻めから遅々としてすすみません。一つの城を落とすのに、3時間ほど延々と攻め続けました。苦手だとは知っていましたが、ここまで下手だとは予想だにしませんでした。

兵数を上げないといけないのかな?

疲れてしまった

この2,3日特別に疲れやすくて困ります。寝て起きたら疲れているのです。で、疲れたから寝ようとしても寝れないのです。で、仕方なく大学へ行くとダメだしをされるのです。で、凹んで帰ってくると疲れているのです。(いまここ)

今日は寝れるのでしょうか。

一覧性と編集可能性

最近というかちょっと前からGTD+Rというものをちらほらと目にするようになりました。説明するのは面倒なので、気になる人はグーグル様にでも聞いてください。要するに、カード型データベースにtodoを書いて、それでGTDしようという発想です。

inboxには紙切れでも何でもいいから書いたもの(記録したもの)を集めよ、と書いてあります。そして、inboxかき集めたstuffをリストにするのだ、とGTDなフローチャートは言っています。

それならば記録媒体が(ロディアやindex cardなどの)カード類でもいいはず。それをわざわざリストにするのは何故か、という疑問が出てきていいはずです。

カードはその場その場で何をするのか一つずつ考えることが出来る。順番を入れ替えることが出来る。シャッフルできることも利点の一つ。一覧するためにカードを広げるには、ノートや机のような広い平面が必要。

リストは「ぱっ」と広げてぱっと一覧できます。一つずつ考えることも一応できます。順番を入れかれることはできません。シャッフルもできません。ただ、どこでもぱっとリストを広げることが出来ます。フォルダにはさまれた紙を見るだけですから。

以上の比較から、GTDではリストの一覧性を重視している、という仮説がでてきました。本当のところどうなのかは分かりません。僕は使う側の人間なので。

まぁ僕が思うに、基本的に机の上だけで、移動しないで済む仕事をする人はカードでもリストでも良いのでしょう。移動を伴い、移動時間を有効に使おうとしているのなら、リストに軍配が上がるのではないでしょうか。GTDで言われる細切れ時間も、会議と会議の合間や空港で飛行機を待っている間など、移動を連想させる状況が多くあります。彼等の考えているGTDの状況は移動時間の使い方、という側面があるのかもしれません。

#そんなことないよ、ということで、HipsterPDAというのもありますが。そんなこといったらGTD+Rの前から、ですものね。言いません。

下山

今日も起きたらミシミシ言ってました。16時頃まで寝込んだままだったのを一念発起。畑に行こうか道場に行こうかを迷い、結局道場へ。

外出したら、携帯を忘れたことに気が付いた。例のTaoな文章を読もうと思ったらなかった。まぁ、それ以外で携帯は不要。

往復の電車の中では例によって廃人。昨日今日と何も考えることが出来ない。どういうことだ。普段なら電車の中ならまだ読書できるのに。いや、読書できる状態になってから外出しているのか。

で、戦国ランス。謙信、直江、名取を仲間にする。おむすび万歳。武田の島津勢が強すぎて、今日はここまで。

風呂入って寝よ。

ミシミシ

朝起きて、背中がミシミシいって、また寝た。

昼おきて、背中がまだミシミシ言ってた。凝ってるのか?家の中を移動するだけでも意識が飛ぶ状態だったのだが、何を思ったか研究室へといってきた。

行きの電車では廃人。これでは研究室についても作業できまい。思いやられる。案の定、研究室の自分の椅子に座りながら立ちくらみ(?)なる不思議な現象も起こったが。鉄分不足だろうか。

そんなこともあったが、とりあえずレポートの1部分が出来上がった。1週間ほどすすまなかったのだが、タスクを分解して一気に打ち抜いてやった。で、おまけにそのレポートも書いてやった。オルアァアァ!!

というノリで帰ってきた。Taoな英文を読んだり、クリティカルシンキングな本を読んだり。

で戦国ランスやってチャットして今から寝る。やっと謙信が山から下りてきた。

引きこもりにしては結構充実してるな。おい。

教えるにあたって

人を指導するときに迷います。

その人をどこまで強くしたいのか。どのような視点から「強い」存在に仕立て上げたいのか。そのコミュニティが持つ価値観を把握して、実際に起こさせる行動に分解するまでの作業が難しいです。もっとも僕が認識しているつもりの”コミュニティの価値観”が信じれるものかも怪しいのですが。

これは「小手先のテクニックを教える」ことと「原理的、もしくくは根幹の思想を教える」といった教育思想上の問題だけではないのです。

彼等、または彼等の各々にどれだけの時間を投資するか、という資源分配のゲームになっているのです。教えられる側の僕は一人なのですから。インプットは限られているのです。

教育量が足りなければ、彼等は独学で学ばざるを得ません。それは彼等の教育される機会を奪ったことになるのかもしれません。反対に彼等の持つ才能、もしくは彼らの持つ想像力を不用意に毟り取らない、という一面もあるのかもしれませんが。

反対に教育量が多すぎると、彼等は消化不良を起こします。吸収効率が飽和点に達してしまい、それ以上の投資は無駄になってしまうでしょう。下手をしたら拒否反応まで起こすかもしれません。また、”教えすぎ”という状態は、彼等に受動的な被教育体制、教えられることのみをこなす姿勢を作り出す温床になりかねません。

でも思うのです。一定の型を体得してからでないと、想像力は発揮できないのです。なぜなら本当に無から何かを作り出せる人間は限られていと思うからです。その存在を知った時点ですでに影響を受けているのです。そうならば、教わるべきことをひたすら行いしばらくの間み体得して、それから自分の創造力を試したほうがいいのではないか、と思うのです。コアとなるべき型がなければ、変化のしようもありません。型が変化するということは、前になんらかの形での型が存在しなければいけないからです。

ということを考えながらウーロン茶を飲んでました。

って、考えたら、公文式のように叩き込む時間帯と自由に遊ばせる時間帯を両方持てばよいのですね。そこを切り替えられるのは、彼等個々人の頭の良さに頼ることにしましょうか。

ステキ

ニコニコ動画(β) | tUNAK M@ster (YouTube)

アイドルマスターって面白いですね。

ファイナルフュージョン

Where’s Your Motivation? - lifehack.org

で、自分のモチベーションは何か?という話です。

自分はどうもしっくりくるものが無いのですが、強いて挙げればrecognition(承認)だと思います。「お前みたいな引きこもりニートオタクみたいなダメ人間みたいなやつはダメだ。まぁ、仕方がないから生存だけはさせてやる。」みたいな。生存させてもらえませんかね。無料で。

よくある話

最近の流行にとりあえず乗っておこう、という安易な考えの下にこのエントリを書いてみました。 とある国のとある大臣が

女性は子供を生む機械

と発音したことに対して、「バーロw」みたいなエントリを見ましたので、その「バーロw」な意見に反対してみようと思います。

ということで、僕は 「女性は子供を生む機械である」 ということを主張してみようと試みます。

ここで、単語を定義してみようと思います。 女性、子供、生む、機械、 といった名詞、動詞群に分けてみました。

女性は、人間の部分集合です。一般に人間には性別があり、その性別は男性と女性に分けられます。 更にその生殖能力の有無を分類する人もいますが。まぁ、ここでは関係のない話でしょう。

子供とは、生物の親から生まれてくるものです。 直系、そして直接の子孫とも言えるでしょう。

生むとは、なかった状態から何かを作ることです。 特に生物に関して言えば、その個体と似た形質の生物、もしくはその生物の卵を作ることです。

機械は一定の動作を繰り返す物体のことです。 狭義には金属製の産業ロボットなどが指しますが、それだけに留まりません。 材質は問わないものです。 もちろん、物理的なロボットだけではなく、思考プログラムとしてのロボットもあります。

さて、ここまで言葉を定義して、やっと準備ができました。 文を解釈してみましょう。

いきなりですが、「人間は子供を生む機械である」という命題が真なら「女性は子供を生む機械である」という命題も真でなければなりません。 女性は人間の部分集合だからです。

では「人間は子供を生む機械である」という命題を考えてみましょう。 手始めに、もう少し制限の緩い(弱い)命題を考えてみましょう。 「人間は機械である」 どうでしょうか。 人間がなにかしら一定の動作をする存在であるのならこれも真になります。

ところで人間という種がここまで生き残ってきたのは何故でしょうか。 子孫を産んだからですね。 まぁ、他の要因は付随的なことです。 つまり、代々子供を産んで(育てて)きたわけです。 これは「一定の動作を繰り返している」と表現できと思います。 代々子供を産んできているわけですから。

ということは、「人間は機械である。繰り返している行動は"子供を生むこと"である」という命題ができあがりました。 この順番を入れ替えると「人間は子供を生む機械である」となりますね。 なんだかこの構文は関係代名詞みたいですね。所有格、あたりでしょうか。

ということで、「人間は子供を生む機械である」というところまで示してきました。 ここまでくれば、上述した通り「女性は子供を生む機械である」という主張に変換できます。 さっきも言いましたが、人間の中に女性も含みますから。 人間で真の命題は、女性でも真なのです。 以上、「女性は子供を生む機械である」という主張をしてみました。

----

本当はリチャード・ドーキンスの利己的な遺伝子な主張で上記命題を主張してみようと思ったのですが、 あまり面白くない上に手間のかかる作業だということに嫌気がさしました。 といっても本エントリでの主張もそれほど意味深長だとも思えませんが。 単なる言葉遊びでしょう。

----

「子供」と「生む」の説明は循環論証的で上手くできませんでした。 なかなか言葉で再定義するとは難しいものです。

----

え?繁殖能力がないことを「欠陥品」と呼ばれることに我慢できないですって? まぁいいじゃないですか。 そんなことで欠陥品呼ばわりされても。 僕は2Dでしかもうおっきしないですが。 そのうち2Dのキャラをみながら子種を出して、適当に体外受精させてくれるようなサービスができますよ。 その反対のサービスも。 じゃなけりゃ、養子でももらいますかね。 僕の能力が後世に伝えるだけの価値があるとするならば。

それにしても面白い実験を思いつきました。 「能力は遺伝するのか、後天的に獲得できるものなのか」 要するに、ひたすら養子をとる一族を作れば良い訳です。 今まで知られてきた社会慣習は、基本的に血族が教育しているので、遺伝と環境という2重のフィルターを外せなかったのです。 男系社会や女系社会があっても、基本的に多少なりとも血縁的に近しいものが世話をするのですから。 ひたすら養子を取り続ける一族をいくつか作りましょう。代々。 それで検査してみると面白い結果が出るかもしれません。

その人達の人権? 何言ってるんですか。そんなつまらないことで。 そんなの関係ありませんよ。 僕がただ知りたいだけなんですから。 「科学の進歩のために…」とか言わない分だけ正直だと思うのですが。 なんとでも理由はつけれるのでしょうけど。 どうでしょうかね。

すきしょ



⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto:18禁ゲームが好きな彼氏について

にて、「エロゲは貴賎のどちらか」という熱い熱い議論がなされているのだが、正直どうでもいい。ヲチする分には面白いのだが。

僕は他のジャンルのゲームに興味がもてません、というだけです。変態とでも何とでも言うが良い。
エロゲはいいねぇ。
エロゲは人類が生み出した文化の極みだね。
そうは思わないかい?碇シンジ君。
んなわけないか。いやいや、でも案外。

コメント:掲示板のタイトルとズレた内容の議論がヒートアップしている件について

がっかりだ

ネットの意見相互調整

というのが最近はやっているようだ。どれどれ、とgoogle様にお伺いを立ててみる。

・・・同調圧力?

なんだ、新しい造語だったのか。無理やり既存の同調圧力と区別するならば、「ネットコミュニティ上での同調圧力」。以上。それ以上語ることは無いだろう。全く持ってがっかりだ。集合知が聞いてあきれる。

まぁ、100撃って、1当たれば十分か。当たるんだから。気の長い話だ。

記述様式

道場で正対からの連続技、連絡技を教えたのだが、どうもやり残し感が漂う。なぜか。

どうも自分は手続き型言語で説明してしまったようだ。自分はオブジェクト型言語でプレイしていると言うのに。脊髄反射でプレイしているというのに。その差が気に食わなかったようだ。自分は。

僕の説明を聞いた後輩達が、どれだけ僕のメッセージの核を理解してくれただろうか。どれだけ彼らの考え方に触れることが出来ただろうか。伝えるべきメッセージは持っていたのだが、それがはたしてうまく伝えれたかどうか。おそらく伝えれて無いだろう。方法論はもっと勉強しなければいけない。

動け動け動け

なんか、アレです。判断力がない。今の自分が。頭が働いていません。

判断もできない。読書によるインプットもできない。もちろん論理的なアウトプットもできない。困ったものです。

もう少し寝てみましょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。