中庸が目標

日記系になるのだろうか。予定は未定。 発言したいときには発言できないと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズケーキ

これは熱い!!・・・いや、チーズケーキが好きだ、というだけですが。

asahi.com: チーズケーキのテーマパーク 守口に29日オープン - 関西
スポンサーサイト

掘り下げてみる

完成度を求めるで、自分はこんなことを言っていた。

相対的に高いレベルの寝技を味わえたからだ。
それは数年間味わえなかったことで、不満に思っていたことだ。

ということは、自分は普段の練習環境のレベルの低さを不満に思っていたということですな。

どういうことでしょう。

  • 実力を発揮できない
    • ハンデを自分ルールで設定して、難易度を上げることはできるはず
    • 手近に強い相手はいる(0ではない)
      • 理由になりえない
      • 体力的に違いすぎるため、拮抗感がない
  • 実力を発揮できる相手が限られている
    • マンネリ
      • フラストレーション?

まぁ、かなりセーブして練習していることは確かですが、それがそれほどまでにフラストレーションになるものでしょうか。 いや、僕がフラストレーションを感じているかどうかすら怪しいのでは…。どこまで疑えばよいのでしょう。はて。

どうも自分が論理的に考えれていないような気もします。 それか、重要な事実を見落としているかもしれません。 もしくは、自分が自分に嘘をついているのかもしれません。 どう思います?

ま、こんな暗号みたいな不思議文章を読まされて「どう?」と聞かれる方もたまったものではないと思うのですが。 今読み返してみると、ホント意味が分からない文章ですね。 支離滅裂です。

太りすぎ?痩せすぎ?

痩せすぎのモデルが締め出しをくらったというニュースを知ってから、BMIとは何か、と調べているのですが、

ボディマス指数(ボディマスしすう, Body Mass Index, BMI)は、体重と身長の関係から算出した、ヒトの肥満度を表す指数である。

ボディマス指数

ということしか分かりませんでした。

で、BMI=(体重[kg])/(身長[m])^2 という式で定義されているらしいのですが、どう考えてもしっくりきません。 肉体は3次元的に成長するので、(体重[kg])/(身長[m])^3 の方が指標としては相応しいのではないか、とすら思えてきます。 身長^{2}の方が便利な理由、そう考えるべき理由、状況が想像できないのです。 でも、google scholar様にお伺いを立ててみると、BMIは広く受け入れられた概念だそうです。 良く分かりません。

まぁ、そう決めたから、といえばそうなんですが、なんでそう決めたのかが分からないのです。 わざと不便なように定義することも無いはずなので、何らかのメリット、物理的な意味があると思うのですが。 はて。

誰か、何故2乗なのか分かる人がいらっしゃったら教えてください。 適当に思い付いたことでも書いてみてください。是非。 ヒントにはなり得ますので。

#そのために(予定日より前なのにもかかわらず!!)大学に出向いて、文献を図書館まで借りに行こうとする僕はちょっと狂っているのかもしれません。あーこりゃこりゃ。

完成度を求める

今日、バルボーザの柔術レッスンに参加できた。 朝の体調は悪かったのに予想外だ。

朝起きて、「…今日はダメだ。終了。」 とか思って即寝した。

夕方、畑を耕す労働力として無理矢理狩り出された。 例のボクサスリムスーツを着て、一うね耕しただけで、汗だくだくになった。 不慣れが原因の、パフォーマンスが悪いせいか。

で、蚊に刺された。かゆい。

それから風呂に入り、気分転換して、すったもんだの末に柔術に行くことができた。 結果としては行くことができて良かったと思う。 相対的に高いレベルの寝技を味わえたからだ。 それは数年間味わえなかったことで、不満に思っていたことだ。 今考えて、改めて気が付いたことだが。 人間、自分が何を不満に思っているのかも分からない生き物なんですな。ハァ。

バルボーザのレッスン内容は非常にシンプルで基本的なものだった。 基本運動、ガードポジションからの上からの攻めの姿勢、基本的な上からの攻め、それだけで時間が飛んでいってしまった。 体重の使いかた、バランスの保ち方の基本を改めて強調された。 あとの時間はスパーリング。 バルボーザに一本取られるまで時間無制限で乱取りできるとのこと。 皆がハイエナのようにかかっていった。 で、散った。

レッスン内容は、驚くほど七帝柔道に近いと思った。

  • 基本運動=往復運動
    • 自分の身体をいかに制御できるか
    • 普段の往復運動+アルファ
    • 息を止めない
    • 身体を強張らせない
    • 全身のバランスに注意する
  • 上から攻めるとき
    • 腰を折らずに前に出せ
    • 頭を上げろ
    • 胸をはれ
    • スペースはつぶせ(スペースがあると、下の人間が行動しやすい)
  • ガマの時は
    • 反るようにしろ
      • 頭を上げろ
      • 胸をはれ
    • 膝を胸に(頭の方向に)引き付けよ
    • 腹を落とせ(スペースをつぶせ)

これも習った、あれも習った、と昔を思い返しながら、自分の寝技を確認する。 相変わらずできてなかった。 甘いな。 先生役のバルボーザの説明を聞いていると簡単そうに見えるのに。

説明は基本的にポルトガル語でされていたのですが、時折、フランス語に聞こえたりして、「?」と思うような場面もありました。 ポルトガル語とフランス語が似ているのか、彼等が本当にフランス語で話していたのか、単なる僕の勘違いなのかは謎のままです。 そのうちポルトガル語も勉強することにしましょう。 勉強すれば、体験できる環境は揃っているので。ふむ。

で、スパーリング。 黒帯、茶帯、紫帯のミサイルがバルボーザに向かって飛び立つのを横目で見ながら、そんな時間帯にスパーリングをお願いしにいった。 最初は、「?」と要領を得ない顔だったが、スパーを受けてくれた。 まぁ、その時間帯に白帯の僕が行くのもなんなんだろう。きっと。

亀取りからやらせてもらった。 そこでちょっとしたサプライズを狙って横三をかけに行った。 柔術の場合、ポイントを取りにバックマウントへ、つまり、締め・関節の亀取りが多いからだ。 で、アクロバティックな横三は失敗して、反対に上四で押さえこまれそうな形に。 なんとか足をからんで、しばらくはそれで凌ぐ。 4度、5度と頭越しに肩を極めようと腕を伸ばしてくるが、それは昔とった杵柄、見るよりも前に身体が反応して防御していた。 見た目よりもかなりパワフルな腕だった。きっと身体の力も使っているに違いない。 それから正対に戻す。 その時になって、バルボーザの顔色が変わったようだ。そういうときのギャラリーは便利だ。

柔道やってる?

と聞かれ

少し

と応えた。 合点がいったという表情だった。 いや、僕講道館柔道はまったくしてないんですけど。 そんなことは聞いていませんか、そうですか。

それから華麗に捌かれて、ニーオンザベリーで30秒以上押さえこまれて、動いたところで、ギロチンチョークでタップしました。 あれ以上、エビはできません。 体力の限界です。 26歳の引きこもりの体力は、約40歳の柔術スペシャリストの体力に負けました。 …なんのトリビアにもなりませんね。

とても基本的な動きを丁寧に、バランス良く見せて、体感させてもらいました。 どちらかというと、日本の柔術の動きよりも、七帝柔道、もっと言えば、高専柔道の源流に近い動きだったような気がします。 ひとつひとつしっかと押さえ、足を一本越し首を取り、逆の手で相手の内側の腰をはじき出して横四・上四にはいるのは、いつも部活の某OB達から伝え聞いている寝技基本の動きでした。 ひょっとしたら、本当に高専柔道がブラジルできれいに残っているかもしれない、とすら思えてきました。

そのスパーリング中は結構集中できたようで、それなりのパフォーマンスだったと思います。 終わってから、頭痛がしたりして、「それほどまでに集中していたのか」と自分ながらびっくりしていました。 で、眩暈や視界が暗くなったりと、一人アタフタしていました。 それをばれないように、なんとかポーカーフェイスを作ってました。 昨日の宣言通りに。 やっぱり自分は気違いなのかもしれませんね。

なんか変な興奮状態のまま帰宅し、これを入力しています。 結構自分はミーハーなのかもしれません。ま、いいや。 それなりに高いレベルの寝技をできて、今宵は満足しています。 上機嫌です。 おやすみなさい。

洗い流される汚れた髄液

今日も朝に目が覚めるが、昨日からの絶不調は続いていた。 動けない。 考えることもできない。 ものを見ることすらできない。 どうなっているのだ。 という状態で15:00頃まで過ごす。 いわゆる廃人でした。

朝食は無理矢理口に押し込んだのですが、昼食を押し込むだけの気力はありませんでした。

午後、勧められて風呂に入った。 少しばかり気分転換になった気がする。

湯船に入っていると、手足の先などの身体の末端からはじまり、身体の芯まで温められるのを感じる。 何も活動しないでボーっとしていても、10分もすれば汗もかいてきて身体がポカポカしてくる。 そして首の後ろ、延髄のあたりを温める、心地良い刺激すら感じた。

そのときだ。 そのとき、僕の体幹である背骨の中身が溶かされていくような錯覚に襲われた。 体内にこびりついた角質のようなものが、湯に溶けていく。 そして溶けることによってできた空間に適温の調整液が染み込んでいくのだ。 その瞬間、僕は今日はじめてゆっくりと息を吐いた。

そう感じて、それからまた感じたのだ。 自分の身体の中心が汚れていたのだ、と。 オイルが古くなったのだ、と。

人間はいつもオイルの交換をしなければならない。 それは消耗するからだ。 老廃物を排出しなければならないからだ。 自己の体内で老廃物を処理できないからだ。

だから交換しなければならない。 だから洗濯しなければならない。魂すらも。

----

そんなことをしたのだが、相変らず調子は悪かった。 動きのスピードはASIMOに負けていた。 それほど遅かったのだ。 そもそも、それ以前に僕はスタート直後に動くことができない、という現実的な問題は考えないでおこう。この際。

調子は悪かったのだが、無理矢理メンタルクリニックに行った。 もうクスリがないから。

あれがなかったら、僕はもう人格を保てないかもしれない。 などアウアウウーといいながら、

待合室で待つこと2時間、ひたすら虚空を見つめていた。 「…プリン、プリン、…プ!リ!ン!~~~!!!!」と叫ぶ大物には叶わないが、今日の僕はちょっとした小物だったかもしれない。 相変わらず、何も考えられなかったし、本も読めなかった。 致命的だったのは、今日医者に「クスリくれ」しか言うことを考えてなかったことだ。 ジャンキーじゃあるまいし。

…。 気がついたら記憶が飛んでいた。 どうやら寝ていたようだ。 起きてから気付いたのだが、今日の朝も感じていた、頭痛や眩暈をさほど感じなくなっていた。 偶然のこのちょっとした昼寝が効を奏したのだろうか。 分からない。 でも、何かをきっかけに調子が良くなった事例として記録しておこうとメモった。

そんな感じで帰宅して寝た。

明日はバルボーザの柔術レッスンが受けれるらしいので、活動したいなぁ、と思う。 でもできないのかな。 明日起きてみないと、明日その時間にならないと分からないんだろうな。 それはそれでしんどいものがあるな。予定立てれないし。

ああ、そんな感じで大学復帰まで一週間を切ったな。 こんな壊れ具合で復帰できるのだろうか。 暫くは意識的にポーカーフェイスしよう。ふむ。

人間として欠落しているのか

[2006-09-23]、部活の先輩の結婚式に出席してきた。 とてもお世話になった先輩だ。 その人が結婚とは、感慨深いものがある。

以下は、披露宴のスピーチを聞きながら思ったこと。

他人の事ながら幸せになって欲しいなぁ、と思う。 ただ、いきなりこう言ってしまっては身も蓋もないのだが、所詮は他人事なのだ。 幸せになって欲しいという気持ちは間違いなく本気だ。 でも、それ以上の感情が湧いてこない。 他人の人生だからだろうか。 いや、自分の身内でも同じ感覚しか持てないだろう。

乖離している感覚、ガラス一枚隔てた感じとでもいうのだろうか。 現実感がないのである。

正常な人間なら、ここで、さらに何かを思うのだろうか。 僕は正常じゃないから、それ以上なにも感じれないのだろうか。 それとも「僕は正常じゃないかも…」と考えること自体が間違いの始まりで、僕の思考には何の意味もないのだろうか。 いや、そう考えること自体が病気の症状なんじゃないだろうか。

橋のむこうへオイデオイデ

今日こそは絶不調だった。 最近見ない程の。 カラッポの抜け殻だった。

ま、それでも母が無理矢理喫茶店に連れだした。 そこで、 GTDに役立つトリガーリスト をつらつらと思い付くままにinboxへ放り込むという作業をしていた。 もっとも、上のリストはあらかじめ携帯へメールしておいてた。2週間程前に。 準備万歳。

帰宅してから、寝た。 動けません。

起きて夕食を食べ、その後ハルシオンを飲んで、これを書いて、寝ようとしている。 今日はダメだ。寝よう。 こんな調子で10月から復帰できるのだろうか。 しるか。 しらんもんね。 ふて寝でもするか。 寝よ。

そうは言っても、母が無理矢理連れ出したら、連れ出せる程度の不調さだったようだ。 所詮はその程度。 やはり、この頃の基調線は上がっているのかもしれない。 まぁいい。 とりあえず寝よ。 もうだめだ。

感情がフラットにならないものか。 淡々と日常作業ができるようにならないものか。 はぁ。

予想外

朝起きて、所要でちょっと外出してすぐ帰宅。 その間1時間弱。 帰宅してから即寝。 昼まで寝続けた。

今日はフランス語のレッスンの予定で、二転三転あったが、結局行けた。 昼御飯を食べたら行く気になったのだ。 最初はピクリとも動けなかったのに。 不思議なものだ。 人間、腹にものを詰め込めば、ちょっと何かをできるようになるかもしれない。 ま、そんな感じでフランス語のレッスンは2時間の予定が3時間半に。 まぁ、それだけ興味が続いた、ということで。 興味を持てる、これで良い傾向としておこう。

夜は柔術に。 なんか、別の団体の人が来て合同練習というかんじ。 そこでとあるテクニックを教えてもらった。

オープンガードで相手の両袖をそれぞれ持って、股を締めて相手を合わせた膝の上に乗せるようにあおる。 相手がそれに乗ってきたら、そのまま巴チックにスイープして2点。 ま、マウントになるから、柔道的にも縦四に近い形になるし、ま、そこそこ良い形ではないだろうか。

で、相手が自分を越えて手をついてこらえてきたときの対処法。 くるっと回って腕十字をとる。 後方回転で首を抜く感じで足を相手の胴にひっかければ良い。 相手を仰向けに倒したければ、相手の頭側の膝を内側にたたみ、そのまま首を刈る。 僕は、相手の下でもう少し回って、相手の頭にかける足を更に回し、相手の腕越しに横から相手の太股に足首を引っ掛け、相手を表に返して逆をとる。 うーん、文章にして考えてみると、自分の動きは結構無駄かも。 アクロバティックではあるが。

このムーブは結構使えるかもしれない。 立ち技からトリッキーにアクロバティックに回転して攻めれるかも。 考察と実験、そしてフィードバックが必要。 研究テーマとしては面白い視点かもしれない。 でも、これでは科研費はとれないだろうなぁ。

で、柔術はペースもセーブしながら時間も短めで切り上げた。 今日の始まりは、調子が良くなかった。 これを忘れてはならない。 無理はしないようにしよう。

そんな感じで今日はおしまい。 結局今週は毎日低空飛行スタートで様子を見ながらだましだましの操縦だった。 ま、それでも飛んでいるから十分、だな。ふむ。

そうそう、昨日今日とボルダリング用に懸垂系のトレーニングをしているのだが、結構キツい。 指と前腕にくるものがある。 ただ、指は思ったよりも強いのかもしれない。 柔道、柔術で袋取りをずっとしていて、引っかけて、引っぱって体重移動する練習をしていたから。 だから、ジャケットありで寝技をやっている人はフリークライミングに向いているのかもしれない。 (ヘビー級は除く。) 減量だな。うむ。

大きいことは良いことだ

モニターが大きいと作業効率が良いらしい。マルチヘッドも良いらしい。

relentlessproductivity.com ? Blog Archive ? Bigger screen means higher productivity

productivity p0rnですが、なにか。

友遠方より来たりて、又楽しからずや

古い友達から電話で連絡があり、懐しく感じた。それだけのこと。

電話にて古い友達から司法試験に受かったとの報告があった。 すばらしい。 理系の学部を卒業してからロースクールに通い始めたと聞いて、がんばってるなーと思っていたところだった。 ロースクール第1期生での一発合格とのこと。 頑張って勉強したんだろうなぁ。

僕も負けないようにしないとなぁ。

とりあえず、おめでとう。

調整中

朝に起きることができたのだが、あまり調子が良くなかった。 が、多少無理できるかと思って無理してみたら、無理できた。 無理しすぎないように、無理できるラインを見極めて動く訓練をしたほうが良いのかもしれない。 ま、休息は十分にとるつもりではいるが。

先にも書いたが、朝に起きたのだが、あまり調子が良くない。 で、気分転換を狙って喫茶店へ移動。 環境の変化がうまいこと作用しないだろうか。 読書しながら、数学を教えながら、フラフラ、ヘロヘロと時間を過ごす。

中学受験の算数と比べたら高校数学は簡単だな。と改めて思う。 覚えるべきパターンの数が圧倒的に少ないのだ。 単位時間あたりに要求される情報処理量が圧倒的に少ないのだ。 今日あらためて考えても、「楽だよなぁ」と思えてしまう。

昼に車の中で昼寝したら、汗をぐっしょりとかいてしまった。 9月中旬でこれだから、夏には絶対やれないな、とゾッとした。

で、夕方からフランス語の授業を受けてきた。 今日のタスクはこれのみだったので、こなせて一安心、というところだ。 調子が良くなかったのでどうなることかと心配していたのだが。 で、今日は過去の表現を習った。 最近サボり気味だから、少々頑張らないといかんなぁ、と。

で、今夜のグラップリングは中止した。 今日は疲れた。 出だしが低かったし。 もう、寝よう。 ということだ。 休息を十分にとろう。

体重とバランスとマルチタスク

3日間の連休を中学・高校の人間と過ごしました。 雨が降るかも、というグダグダした開始だったのに、予想以上に面白かった3日間となりました。 受験とボルダリングは結構癖になりそうです。

  • [2006-09-16]
    • フランス語のレッスン
    • これから3日間の計画(今さら?)
    • ジェンガ
    • ジムにて4時間程バイクをこぐ(当初は8時間の予定だった)
  • [2006-09-17]
    • 下呂温泉へ
    • マルチタスクへの挑戦
      • 中学受験
      • アニメ鑑賞(何を再生していたのかすら覚えていません)
      • (ジェンガもする予定だった)
      • (腕立て伏せとスクワットをする予定だった)
  • [2006-09-18]
    • ボルダリング

中学受験は相当燃えました。 とりあえず、今でも2時間程度なら集中できることが分かりました。 通常の1(時間)x4(教科)=4(時間)だったら、集中力が持たなかったでしょう。 半分の時間でもまだ見直しするだけの時間配分ができるようになったのは経験のおかげ、でしょうか。 …しかし、確かに小学生のころは試験時間は半分も必要なかった気がするのですが…。気のせいですかね。

それにしても算数は難しい。 小学生相手の図形問題で真剣に

Arcsinの数表はありませんか?

と質問してしまった自分が愚かしい。 嫌になるほど。 あと、方程式を多用したのはお約束ということで。 昔は使う必要なかったのになぁ。

方程式を使う他の小学生と方程式を封印している自分、ちょどよいハンデだ。

とすら思っていたのに。 堕ちたものです。

ボルダリングは相当面白かったです。 バランスの置きかたや、身体の垂らしかた、グリップのつかみかたや足の使い方などの身体の使い方に工夫が沢山できそうでした。

真剣に自分の体重を落とすかもしれません。 いや、腕力をつけるかもしれませんが。

こんな密度の濃い時間を過ごしたのは久し振りな気がします。 ちょっと疲れましたが。 ま、一生懸命遊んだあとは、ぐっすりと眠るものと昔から決まっているんです。 と言っておきましょう。

Rubyサイトリニューアル

サイトリニューアルしていたんですね。
tDiaryみたいなのから、ブログっぽくなりましたね。
それと、なんか情報が探しやすくなった気がします。リンク切れとかも無いですし。

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby


サウナスーツの使用感

幸いなことに、今日も問題なく朝起きることができた。 朝食も摂り、さてどうしたものかと考えていたところ、母に

ちょっと、アンタはコレを着て運動してらっしゃい
と言われた。
協栄 ボクサスリムスーツ M 協栄 ボクサスリムスーツ M
()
協栄
この商品の詳細を見る

言い返すだけのエネルギーも無かったのでその言葉に従い、例のボクサスリムスーツを着てサイクリング開始。 朝の比較的涼しい時間帯かつ曇天であったにも関わらず滝のように汗を掻いてしまった。 信号待ちしているときに、ぼたぼたと水(汗?)が零れ落ちてくるのだ。 ちょっとこのスーツは水をどこかにためているんじゃないかという疑念すら持ってしまった。

一時間ほどサイクリングしてシャワーを浴びたら眠たくなってしまった。 で、昼ご飯も食べずに昼寝。 はっ、と目が覚めたときには既にフランス語の授業の時間は過ぎていて、後から平謝りという情けない結果に。 なかなか時間通り、予定通りに行動するのは難しいと言うことですな。

夜はグラップリングの練習に参加してきて、片足タックルの切り返しを練習した。要するに、片足もたれた状態で後転してヒザ十字を取りにいくタイプと、ビクトル投げにいくタイプの2つを練習した。

加えて、クロスガードから相手の肘を極める最初の動作の確認やら、そこから三角締め、足首を使ったチョーク、オモプラッタへの連絡などを習ったのだが、なかなか自分は柔術的な動きができないようだ。ここは要練習。

そんな頭の悪い一日を過ごしてました。 あまり人とはしゃべってないかも。まぁ、いいか。

復帰宣言

大学に行ってきて、先生達と話してきました。 で、復学することにしました。 これで、プロフィールの

休学中の学生が書く雑感。

が変わるわけです。 まぁ、休学->単なる学生->引きこもり、という華麗な変化を遂げる可能性を捨てきれないのが苦しいところですね。 経済的制約さえなければ引きこもりたいものですが。 研究は趣味の範囲で。 それが理想です。

まぁ、そんなわけで、今日は研究室の方々とも話をしてきました。 なんでも僕の知らないあいだに研究室から逮捕者が出ていたらしいです。 笑いました。 中学生の女の子に手を出してしまったとか。 その頃の女の子は個人差がありますから、情状酌量といきたいところですが、まぁうまく綱渡りできなかったので自業自得ですね。 その話題に驚いた僕を「知らなかったの?浦島太郎だね」と言ったことは、納得しました。はい。

まぁ、全ての条件が自分の希望通りに、自由にやって良いとのこと。 ゆっくり慣らしていきたいな、と思います。

と、そんな感じで帰ってきたのですが、疲れました。 往復を含め4時間の外出がつらいとは、正直参りました。 相当体力が落ちているようです。 気長にやっていく必要があるみたいですね。

そうそう、今夜、自転車のサドルを相当高くしたら、こぎやすくなりました。 姿勢が変わったことに伴い重心の位置も変わったみたいで、結構快適にこげました。 ちょっとサドルを支える棒が長い気もしますが大丈夫でしょうか。 座屈とかされると困るのですが。

そのうちサドルを買った方が良いのかもしれませんね。 そういう事を考えると、フロントサスのみで良かったのかもしれません。 というか、フレームがしっかり三角形になっているやつだから? 思いっ切り長い棒を突っ込んでモーメントかけれますから。

GTD バッドノウハウ

GTD収集のステップで「気になること」を挙げ尽すためのバットノウハウを読むべし。 ニヤリとできます。 ああ、あるな。そんな時。はは。

時代の流れ

ミハエル・シューマッハが今期限りでの引退を発表。優勝したのに。レース前から決めていたことなんでしょうなぁ。引き際というのは難しいものです。

残り3戦彼の走りを、彼を支えるチームを、彼と戦う人達を見ていこうと思う。

今日の日記

今日は一日寝てました。 今日の一日の予定は以下の通りでした。 活動してない…

  • 朝寝る
  • 昼御飯食べる
  • フランス語キャンセルの電話かける
  • 寝る

身体に力が入らんのですよ。 だから、夜のサイクリングもできずじまいで、困ったものです。

そういえば、次の3連休に友達とどっか行こうと言っているのですが、どこが良いのでしょうか。 彼等の出す案はストイックすぎて、絶望すら覚えます。

  • 長島
  • 琵琶湖一周
  • 箱根+冥土
  • 下呂
  • 鳥羽
  • 高山を散策

どうでしょうか。 これくらいの温いとろで。 なんて考えながら今日は寝ることにします。

フッサール読んでいるのですが、全然進まない。 波長が合わない。 合うと期待してたんだがなぁ。

自分をコントロールしている感

Getting Things Done: the depressed person’s guide to not giving up の紹介。

うつで滅入っているときに投げ出さないようにするための手引き、というところか。

鬱ってくるとなかなか簡単には物事をこなせなくなる。 当然、予定していたこともできなくなってくる。 予定していたことができなかったことを考えると、気分が滅入る。 という困った循環をどうにかして持ち直そうという試みだ。

調子が悪いなら悪いなりの簡単な予定を立てて、それをなんとか達成して、達成感を得ようというものだ。 どんな予定でもいい。 例えばこんなものでも。

  • 寝る
  • 起きて顔を洗う
  • 寝る
  • ご飯食べる。
  • hogeさんにキャンセルの電話をいれる
  • 寝る

これが一日の全ての予定であってもいいのだ。

調子の悪いときには予定変更して負荷を軽くした方が良いとは聞いていた。 そしてそうしていた。 ただ、タスクとして、予定として書き出していなかったのだ。 書き出していれば、どんな怠惰な予定でも(!!)、達成されればそれでそれなりの満足感を得られるはずだ。

書かなければ、元々やろうとしていた予定を思い出し、「できなかった」という感触を持つかもしれない。 今日を振り返って、「今日なにやったんだ?」と自嘲するだろう。 そんな泥沼に足をとられないための自衛策だと考えることもできる。

これからちょっと書いてみようかな。

なにかと活動していた一日

02:00過ぎに就寝、05:00過ぎに目が覚めた。 それからは寝れない。 寝れないわりには気分は悪くない。 まぁ、良いか。 ともそもそと動き出した。

午前中はなにをするでもなしに時間が過ぎてしまった。 ハッと気がついたら11時。

いや、丁寧に髭を作っていたら午前中が終ったんだった。 髭トリマー様々。 少々若返ったかもしれない。 数mm髭を切っただけで、随分と軽い気がする。 体感というのは随分と変わるものだ。

昼は2時間程喫茶店に行き、GTDの「フォルダに振り分け」を実行。 ちょうど2時間という時間が良かったようだ。 in-boxに入れられたものをtrash, someday/maybe, reference, project list, calendar, waiting for, next action listのどれかに振り分けることだ。 気になってメモしたものには、記録的なもの、つまりreference行きが多かった。 あとはsomeday/maybeが多数。 ちょっとこの配分は予想外だった。 ま、予想外は予想外だったが、自分の頭の中を大雑把に整理できて、「今すぐに考えなければいけないことは思ったよりも少ない」ということが分かり、それなりに安心した。

それと、日常の机から離れて、喫茶店という新しい環境で動くということも体験してみた。 悪くない。 環境がリセットされていて、気を散らすものがない。 まぁ、そういう喫茶店を狙ったのだから、予定通りか。

午後はとある集団の会計業務に参加。 PC(要するにエクセル)に関するアドバイザーとして参加したはずだが、 あまりの混乱ぶりに我慢しきれず作業自体のフローチャートを書き出す始末。 僕もまだ人間がなってないなぁ。 もっと丸くならないと。 余裕を持って、なぁなぁで生きていかないと。 キリキリ殺されてしまう。

夕方になってから買い物に付き合わされたところ、腰の痛みを感じ、そろそろ活動限界だと撤退。 ここまでは突き合わされた。

帰宅してから1時間程度横になったら、腰痛はそこそこの状態になった。

夕食後、TVを見る。 サイクリングに関する番組を発見したからだ。 と、思ったら、「鼻歌が歌えるくらいのペースで自転車をこぎましょう」という中高年向けの趣味悠々だった。 言葉を交わさずに力の限りひたすらペダルを踏むのがサイクリングだと思っていたのですが間違っていたのでしょうか。

まぁ、そんなかんじで番組は終わったのだが、僕はまだTVを見続けていた。 珍しい。 この2年で3回も無いだろう。こんなことは。 目的もなくTV番組の間を漂うだなんて。 ちょっと状態が変わってきたのだろうか。 良い方向に動くと良いのだが。

という感じでシャワーを浴び、こんな日記を垂れ流す。 小学生の日記だな、これは。

そういえば、昨日柔術の練習に行ってきたのだが、 「komatsunaさん、どうですか。試合に出ませんか。いやむしろ出ましょうよ。」 とまた誘われた。 この頃の気分が良いので 「そうですね。良い試合があれば教えてください。」 と応えてしまった。 ということで柔術かグラップリングの試合に出るかもしれません。 どうなるかは知りませんが。 出るなら減量ですね。 未知なる体重からの帰還を願って。 体重が落ちれば、それなりにスタミナも戻ると思うのですが。 今現在の僕は大質量が高出力(中出力に低下?)エンジンを登載しているようなもので、短期決戦用なんですよね。 やるならちょっとまじめにトレーニングすることになりそうです。 分かりませんが。

今晩はどうでもいいことを書きすぎました。本当にひどい日記ですね、ここは。

結構良い音楽

なかなか良い曲があったので紹介しようと思う。

Jealousy - Lucy 70年代のハウス系らしい。

結構ノリノリで聞ける。 神経が古いのだろうか。 いやいやそんな馬鹿な。

この秋、ブレイクするかもしれない。…しないかもしれない。 個人的には、こんな音楽を聴きながら夜ドライブするのが良い感じ。

Lucy Lucy
Jealousy (2006/09/04)
Purple City
この商品の詳細を見る

久し振りに書類受けの整理

in-boxの整理をしたら、たっぷり1時間かかってしまった。 ただ、GTDのフローに沿ってファイルしただけで。 これからそれぞれのリストをリストとして管理しなければいけないのに。

まぁそれはともかく、これでin-boxは空になった。 それは喜ばしい。 良い気分だ。

それにしても1時間集中したのは久し振りだったかもしれない。 ちょっと時間が経ってみて、自分がびっくりした。 無理はしないように、でも、こんな調子が続くといいな、と思う。

午前中は諸々の手続きの準備や整理であっという間に過ぎてしまった。 午後はちょっと休憩を入れながら中身のある読書でもしようか。

鍬振り

この2、3日は眠ってばかりなのに関わらずまた眠くなる、という困った展開です。

だったのですが、今日の夕方気が向いて、畑に行って鍬を振ってきました。2mx4m程度の狭い範囲でしたが、僕には十分な運動量となりました。

鍬を振るフォーム自体でトレーニングにもなるみたいですね。ハンマーみたいな感じで良いトレーニングにもなりそうです。ハンマーの持ち方も、杖術っぽくスライドさせてみたり。最後は刃を手前に引くようにしていると脇がしまるのが感じれます。四股を踏むくらいに腰を割って鍬を構えるので、足腰の鍛錬にもなりそうです。

また、右振り、左振りの2通りの練習ができるので、巧緻性の向上も狙えるでしょう。一つの持ち方で、袈裟切り、逆袈裟、とは行きませんが。

ちょっと武士が畑仕事していたのを見たくなりました。きっと振りが鋭いに違いない。

自己評価

久しぶりに気分が上向きになったのを受けて、エゴグラムの性格診断を受けてみました。以前のエントリに対するコメントで「これは自己評価とも受け取れる」とあったので。

で、これが結果です。
エコグラムによる性格診断結果

---

エゴグラムによるあなたの性格診断結果

  • 性格
  • 笑っ た顔を滅多に見せず、口数が極端に少なくて、何時も暗い目を伏目がちに、何かを考え込んで居ると云った風なタイプでしょう。冷え切った心の持ち主で、人間 らしい喜怒哀楽の感情は死んで終って居ます。その癖、病的な程に、他人の顔色や風評が気になるタイプです。死んだ感情に鋭い頭脳の回転が同居して居るタイ プで、自分に付いても、世間に付いても、知り過ぎる程、全てを知り抜いて居て、しかも何をする気力も起らず、他人を愛せないばかりか自分自身に迄、かなり 愛想を尽して居るような節が見受けられます。何かもう一つバランスが狂えば、発狂したり、自殺したり、と云う悲劇の生まれる可能性が少なく無いタイプで す。

  • 恋愛・結婚
  • こ の様な特殊な性格構成の状態では、恋愛や結婚と云う極めてポピュラーな人間としての営みが、かえって物凄く難しい大事業的な性格を帯びて来ます。結婚生活 には絶対に必要な愛の心と、性に対する行動力が致命的な程、欠けて居るのです。貴方の人生観や価値観から見ると、それ等は全て空しいもので有り、何等の価 値も見出し得ないと云う事に成る可能性が強いのです。大宇宙の真理から見れば、全くその通りで有り、一人一人の人間の存在など、宇宙のゴミにも値しません が、しかしそれでも依然として我々は、生きて居ると云う事実は動かし難いものです。

  • 職業適性
  • 極 く一般的な仕事は、とても勤まりそうに有りません。図書館司書、科学者、コンピュータ技術者などでしたら、その道が好きな場合には、案外向いている可能性 が有ります。貴方の性格改造に最も役立つ職業を捜すのでしたら、動・植物や大自然を相手にする、農林・漁業の仕事が一番適切でしょう。

  • 対人関係
  • 思い切って人の余り住んで居ない山の中か海へ出て、大自然とは何か、人間とは何か、動物とは何か、生きものとは何か、と云う生きる為の原点を、問い詰めて見る事が、絶対に必要なタイプのような気がします。
    ---

    まぁ、前回がacacaで今回がbcacaとCPが減少したようです。これが僕の認識から受けるフィードバックを良くしたのかもしれません。まぁ、知りませんが。もっとも他の高ポイント(AとAC)はとても下げれそうに無く、低ポイント(NCとFC)も上がる見込みが無かったので、CPしか変動の仕様が無かったのも理解できる話です。相当環境がよければFCも上がるかもしれませんが、これは相当な環境の違いが無ければ難しいでしょう。もしくは環境によりコミュニケーション言語ひいては思考言語を無理やり変えられなければいけないでしょう。よって可能性の見積もりとしては小。

    この傾向が続くと最終的にccacaとなってしまうのでしょうか。見てみるとエコグラムによる性格診断結果となってしまうようです。

    ---

    エゴグラムによるあなたの性格診断結果

  • 性格
  • 貴 方はドンと遣ろうと云う勇気や意気地に欠けているタイプです。机上の計算ばかりに長けて、実行力が全然無いのです。その原因は、度胸が無いと云うだけでは 有りません。非常に神経質で、周囲の噂や態度などが気になって、どうしようも無いタイプなのです。その上、感情が平板で、喜怒哀楽の表情に乏しく、不感症 なのです。又、正義心や使命感、責任感なども乏しい為、なるべく世間の風当たりの弱い所で、温々(ぬくぬく)と暮したいと云う欲望が強く、その為にどうし ても、事なかれ主義に傾いて行かざるを得なくなる訳です。

  • 恋愛・結婚
  • 例 えば、性に関するテクニックについては、テキストを書ける程に熟知していたとしても、それを実地に用いて快楽を貪さぼりたいと云う欲望は、決して起さない タイプなのです。夫婦生活なども、義理に迫られた御座なりなもの、心の籠らない形だけのものになり易く、将来の青写真など何も無い、御都合主義の冷たいタ イプの癖に、離婚話などが出て来ても、夫婦と云う法的地位にしがみ付いて、言を左右にする埓のあかないタイプでしょう。

  • 職業適性
  • 貴方は机上の計算や判断だけでけりが付き、社会機構との関りや、人間関係に類を及ぼさない職業を選ぶ事が最も賢明でしょう。図書間司書やコンピュータ技術者などは、それを代表するものです。

  • 対人関係
  • 自分の生活や人間関係に、波風を立てる事を極端に恐れる、消極的な生き方を根本的に清算しない限り、貴方を取り巻く環境は、何時まで経っても好転する可能性が有りません。もっと意欲的に温かい心を持ち、社会や仕事に立ち向かう勇気と冒険心が絶対に必要です。
    ---

    そうですか。最終的に行くとこまでいっても、僕は自分から動き出そうとしない人間なんですね。そう自分を見ていると。よく分かりました。

    以上、診断結果を自己評価だと仮定した上での、遊びでした。

    これもイノベーション、だよなぁ。

    サッカー関係でなにか面白い記事を見つけました。

    サッカーに新たな大技? 話題呼ぶ「くっつきドリブル」とは。 Narinari.com

    斬新で面白い技です。

    DFは進行方向に身体入れて、ガシガシ削っていけばいいのに。言うは易し?いや、でもドリブル中なら削っても問題ないでしょう。DFもそんな華麗なプレーで対抗しないで、ガシガシあたればいいのに。下手に足とか出すとイエローもらいますし。

    ガシガシけずるところを想像したんですが、だんだんバスケットボールのスクリーンアウトになってしまいました。競技が違う、か。

    いずれにしても、新しい試みをする、できる人は大したものです。見ていて楽しい気がします。

    彼女達の流儀 朱音クリア

    調子が良くなってきました。 興が乗ってきたので、久し振りにプレイしました。 今回は朱音シナリオクリアを目指したわけですが。

    ま、悪くないシナリオでした。 書き込みの出来不出来が激しい内容でしたが。

    ちょっと劇の部分の台詞回しが冗長でしたが。

    処理できないことは一度倉庫にしまってしまおう、というのが面白いところでした。 ファイリングに対応して考えると、書架とキャビネットとの関係ですね。 過去の整理を避けるのではなく、一時的にペンディングして、必要なときに解決を図ろうとする。 時間的に解決をズラすだけで、根本的には問題を解決しようという姿勢がうかがえます。

    過去は断ち切ることで新たな未来へと進める。(ファイナ:リヴァイアス)

    という台詞、解釈とはちょっと違うようですね。 興味深いところです。

    さて、調子のよいところで今日は寝て、明日も活動できるようにしたいところです。 ゆくゆくは喪になるようにしないと。

    リヴァイアスマラソン

    終了しました。全話鑑賞しました。放送終了時は賛否両論だったらしいのですが、自分は支持したいと思います。面白かった。見る価値はあったと思います。
    アニメ見て自省というのも格好がつきませんが事実なので仕方ありません。よく省みたいと思います。

    根拠なき自信

    今日は今日とてリヴァイアスを見てました。Sere15 「ながされるままに」まで。ヘイガー様のお導きによりチームブルー失脚までを。ヘイガー様最高。ヘイガー様ステキ。第1話から目を付けていた甲斐がありました。

    それにしても教官の子(金髪の小さい子)がうらやましい。首席(ユイリイ・バハナ)にかわいがられて、クールなショートカットな娘にもかわいがられて。自称ツヴァイ班長との同行は辛そうですが。

    一息ついたので居間に行くといつも通りの客人が来ていました。今日はクリスチャニティーと相対主義について話しました。
    I need something absolutely right.
    といったところには、はぁ、とうなずくしかありませんでした。そうですなぁ。確かに必要といえば必要なんですが。それでは理由になり得ません。ちょっとタイムリーな内容でした。海外の人でもこんなことを考える人はいるものですね。でも、ルールの運用はその国の文化に照らし合わせて適宜対応とのこと。これでは理屈が合わない気がしますが。

    ■[アニメ]TVA「魔法少女リリカルなのはStrikerS」2007年放映予定。

    MOON PHASE 雑記より
    前作の最後に登場した、6年後のなのはたちのその後が描かれる。
    がっかり。だって中3ですよ。

    萌え属性占い結果

    ちょっと見つけたのでやってみました。

    萌え属性占い

    結果
    ---
    komatsunaさんは、
    「メガネ委員長」属性
    です。


    「メ
    ガネ委員長」長属性のあなた。代表的なあなたの萌えキャラは、霧島勇美や榊千鶴、尾田島淳子などですね。あなたは、人を見る目が確かです。どんな人に付い
    ていけば得かを嗅ぎ分ける能力を持っています。一見いい人だと思われますが、心の底では人を押しのけてでものし上がって行こうという野心を持っています。
    参謀タイプで、自分が表に出るよりは、裏で糸を引くことが多いです。



    恋愛について:

    強引なアプローチに弱いです。恥ずかしがり屋なので自分からアプローチすることは苦手ですが、一度好きになるととことんまでのめり込んでしまいます。普段は相手に対して傲慢な態度をとっていますが、振られてしまうことへの危機感を常に持っています。



    今現在の、komatsunaさんの萌え属性度指数は、ズバリ3996萌えでしょう。

    komatsunaさんに送る言葉:

    ちょっとちょと、帰らないでよね。今日は掃除当番なんだから。
    ----

    まぁ、よく分かっていますね。ええ、メガネ委員長好きですよ。保科智子とか。何か問題でも?
    次のページ

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。