中庸が目標

日記系になるのだろうか。予定は未定。 発言したいときには発言できないと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのころの情熱を

先日、友達と牡蠣を食べ、ラーメンを食べ、カラオケで歌って夜を明かし、デニーズでレーザーの話をしてから、大須でPCパーツとゲームと本の物色してきた。 1週間分の活力を使い切ったような感じだ。 人間として干からびているのかも知れない。

まだまだ徹夜して遊べると思っていたが、自分は思ったよりも年老いたようだ。 体が動かなかった。 xxxx売り場に足を踏み入れても、あの頃のように士気が上がらないとは。 一体どうしたのか。 自分のアイデンティティを失ったかのようだ。 ツボが外れているとか、ツボを忘れているとかあるのだろうか。

まぁ、友人話してみて、自分が何者だったか、何者を目指した存在だったかを思い出した。 あの頃の情熱を思い出すのだ。

マストゲーム(プレイすべきゲームのこと、勝手に命名)をリストアップする際に、大学院の受講申請書が出てきたのは偶然だろうか。 申請用紙が分野外科目申請用だったのは神のお慈悲だったのかも。 まだ専門で履修するには早い、ということか。

スポンサーサイト

僕は何かを発したいと思っている

何かを発したいと思っている。 何かを表現したいと思っている。

そもそも、だからblogを書こうとしたはずだ。 blogを書こうとしたのは、何かを発表しようと思ったからだ。 逆に、そうでない、他のblogを始める理由を思い付けない。 【“僕は何かを発したいと思っている”の続きを読む】

長い稼動システム

人生で目標を持つべき、と言われ続けている感があるが、 実際に自分は「人生での目標を持つべき」なのだろうか。 疑問に思えてきた。

人生の目標がなければ人は漫然と時を過ごす。 漫然と時を過ごせば進歩はない。 進歩がないということは、何も得るものがなかったということだ。 時間をあれだけ投資したのに。

人生の目標があれば人はあくせくと動きだす。 目標の達成にはある程度のタスク処理が必要で、タスク処理にはある程度の労力と時間とが必要になるからだ。 そして人生は有限の時間であることをことさら意識するのかもしれない。

結局、人生の評価基準として何を採用するか、ということだ。 地位、金銭、配偶者、家族、友人、社会的貢献、他にもあるかもしれない。 でも、要するに、自己満足なのだ。 人生、自己満足をしたいか、それすらもしたくないか、思い浮かばないかということだ。 社会的地位を手に入れるということと、「仕事した感」を味わいたい、ということは主観的に見て、同じレベルの事なのだ。 欲求を叶えただけに過ぎない。 ただその欲求がどこからくるかということにはまだ言及できず、「欲しいと思ったから」としか言えない。 【“長い稼動システム”の続きを読む】

実質的に全頭検査になる、かも

毎日新聞の記事(BSE:米業者、民間による全頭検査求め米農務省を提訴)によると

牛海綿状脳症(BSE)対策として、民間による自主的な全頭検査を米農務省が認めないのは不当

として米中堅食肉加工業者が提訴したらしい。 また同業者は

日本の消費者には検査を求める声が強いのに、農務省が認めないのは理解しがたい

とも言っている。 この提訴に対し、米農務省のスポークスマンは以下のように発言し、全頭検査に否定的な考えを改めて示したとの記事がある。

全頭検査を義務付けている国は世界中のどこにもない

米国内でも一枚岩ではなかったんだな。 考えてみれば当たり前、か。 【“実質的に全頭検査になる、かも”の続きを読む】

モチベーションを維持する術を身につけたほうが良い

以前のエントリー で自分はモチベーションに関する能力(初期モチベーションを見つける、モチベーションの維持を心がけるの2つ)が不足していることを意識した。 今回は、どちらの能力を優先して開発するべきか、を考えた。

初期モチベーション見つけるのが先か、モチベーションを維持する術を身に付けるのが先か。 自分の得た答えは、モチベーションを維持する術を先に身に付けたほうが有利、というものだった。

とりあえず、次の表を見て欲しい。

/ 初期モチベーションが無い 初期モチベーションがある
モチベーションを維持できない (1) (2)
モチベーションを維持できる (3) (4)

現在は(1)初期モチベーションが無くモチベーション維持能力もない、という状態だ。 これをなんとかして(4)初期モチベーションがありモチベーション維持能力もある状態に持って行きたい。 最終的には。

もちろん(1)->(4)へといきなり変化できればそれに越したことはない。 しかし、2つのことを一気にできるようになるのもまた難しい話だ。 ここでは、どちらかを一つずつできるようになることを考えてみる。 つまり(1)->(2)-(4)の道筋か(1)->(3)->(4)の道筋のどちらが良いかを考える。 【“モチベーションを維持する術を身につけたほうが良い”の続きを読む】

寝れないときは寝ない?

今日は良く寝た。 良い睡眠だった。

この1週間くらいうまく寝れなかったのだ。 寝付きも悪いし、変な夢を見て「ハッ」と目を覚まし、また朦朧とする。 それの繰り返しだった。 起きたときはいつもフラフラだ。 処方されている眠剤の効き目もなさそうだ。

今日もそんな朝だった。 【“寝れないときは寝ない?”の続きを読む】

blogを書くのに必要な手順--それぞれ必要な作業の書き殴り

以前のDSMの結果から

  1. ネタを探す
  2. オチを考える
  3. 主題(言いたいこと)を決める
  4. 公表できるネタかチェックする
  5. 全体の構成を考える
  6. パラグラフの構成を考える↑
  7. 書き始めて良いかをチェックする
  8. とりあえず書く
  9. 論理がおかしくないかチェックする
  10. 構成を調整する↑
  11. 気に入らない箇所がないかチェックする
  12. 気に入らない箇所を修正する↑
  13. 文章になっているかをチェックする
  14. 公表してよい品質かチェックする

の順に作業すればよいことが分かった。 箇条書の中にある"↑"は一つ前の作業への手戻りを示す。 まぁ、全体像は見えた。 これはこれで一つの成果だ。

さて、次の問題はこうだ。 やるとは分かったがどうそれをやれば良いのかわからない。 目的地への行きかたは分かったが、歩きかたが分からない。 歩きかたを教えてくれ。 ということだ。 【“blogを書くのに必要な手順--それぞれ必要な作業の書き殴り”の続きを読む】

不安になったときどうするか

使い古された言い方だが、人間は2つのタイプに分けられる。 今回はこんな質問で分類してみる。

「不安になったとき人間はどう対応するか」、という質問だ。 自分の経験によると、人間は、 「ひたすら外界との接触を絶つ人間」と、 「周囲に泣きを入れる人間」とがいるようだ。 【“不安になったときどうするか”の続きを読む】

達成した直後に御褒美、の法則

今日は休学届を受け取りに行ってきた。 いろいろ考えたが、休学しようとの意思が固まりつつある。 現状を列挙してみると、休学以外に選択肢は無い気がする。

そして帰宅。

それ途中に、古本屋で気になる本を購入。これは外出できたことへの御褒美、ということだ。僕は以前書いた原則を適用していることに執着する。目標達成できればそれに見合った報酬を。今回は外出するという障害をクリアしたので書籍の購入を許可したわけだ。即時性もあるし。 【“達成した直後に御褒美、の法則”の続きを読む】

宗教を信じていればよかったのかもしれない

宗教は自分の存在意義を認めてくれる。超越した存在から与えられる。 存在意義を認められる、というより与えられる。否応なしに。 それを使命として生きていくことができる。うまく利用できれば。

対して、宗教を信奉しない理詰めの人間には無と自分の持っている道具の矛盾へのはがゆさしかない。 キルケゴールの言う、理性のみで動き、信仰への一歩を踏み込めない状態だ。 これでは人生に立ち向かえないのだ。 岩にハーケンを打ち込めないのだ。 そして人生という山を登れない。 ボロボロになった手で「つかめるとこはないか」と探し回っている。 自分の手のサイズに合った窪みなどそうそうは見つからない。

こんなことなら新興宗教でもいいから何かしらの宗教、超越者に頼った方が良いのかもしれない。 たとえそれが安易な道で、大きな門をしており多くの人が流れこむのだとしても、それが間違っているのだとしても。 それでも、宗教に頼れば人間は生きていける。 存在する意味を与えられる。 実際には真実を言われたわけではなく宗教に騙されたとしても、自分の知覚する範囲内でそれが発覚さえしなければ人は生きていけるのではないか。 それでも幸福な人生を全うできるのではないか。

真剣に書いたつもりだったのに、突き抜けた陳腐臭漂う文章になったものだ。言っていることが安い。

何にたいする賠償請求かが分かりません

[フジテレビ]ライブドアと決別 345億円、賠償請求へ

フジテレビジョンは、昨年4月のニッポン放送株争奪戦をめぐる和解から1年足らずで、ライブドアと決別することになった。ライブドアの第三者割当増資440億円を引き受けて取得した12.74%の同社株をUSENの宇野康秀社長に売却して資本関係を解消。それに伴って生じる345億円の損失について、ライブドアを相手取って賠償請求訴訟を起こす。

この分を読む限りでは、どうやら次のことのようだ。ニッポン放送が保持するライブドアの株をUSENに売った。そのとき、ニッポン放送がライブドア株を買ったときより安くしか売れず、345億円の損失が出た。株を高く売れなかったんだから元本保証しろとニッポン放送がライブドアに賠償請求訴訟した、と。

・・・提携だかなんだか知りませんが、株式やっている人間が、「元本割れしたからそのぶんお前が支払って補填しろ。お前の株が下落したんだから」というのはおかしいと思う。 資本提携ってそういうことも折込済みでするもんじゃないのか? 【“何にたいする賠償請求かが分かりません”の続きを読む】

この時期にライブドア上場廃止はおかしい

ちょっと旬から遅れたが、ライブドアネタを。

東証は東京地検特捜部の告発を受けてライブドアの上場廃止を決定した。 この判断は早すぎたと思うのだ。 判断材料が告発のみで、裁判による判決ではないからだ。 【“この時期にライブドア上場廃止はおかしい”の続きを読む】

試験時に使う戦略

Exam Guides One: 5 Great Tips To Improve Your Strategy より

試験を受けるときにも戦略は必要となる。 自分が知っていることを相手にアピールしなければならない。 その戦略を良くするいくつかのtipsを紹介しよう、という読み物。

紹介されたtipsは大きく分けて次の5つ。

  • 質問の意味を理解する--どんな解答を要求しているのか
  • まず最初に、問題全てに目を通してみる
  • なにを(時間的に)どれだけやるか決める
  • 簡単な問題から手をつける
  • 見直しをする--当初要求されたものに答えているか

    上記5つはどんな分野の試験でも役に立つそうだ。 これは試験の点数が良くなる、良い成績をとる手助けになるらしい。 それはそうだろう。 たしかに言っていることは非常に基本的なことだから、広い範囲で適用できるはずだ。 【“試験時に使う戦略”の続きを読む】

  • 数式描画にmimetexという選択肢

    数式がでる記事も書いてみたいと思い、ブラウザで数式を綺麗に表示する方法を探してた。 で、候補として上がったのが、 mimetex。 tex形式で入力すると、gif画像に変換してくれるというものだ。

    これならどのブラウザでも見え方は変わらない。 数式を画像に変換しているから。 この方法は僕の要求を満たしてくれる。

    早速使ってみよう。 次のように書くと、こんな式に変換される。

    <img src="http://www.forkosh.com/mimetex.cgi?c=\sqrt{a^2+b^2}" alt="" border=0 align=middle>

    案外簡単に数式をhtml上に書けるものだ。 もっとも今はblog上でhtml全てを管理しているわけでもないが。 そのような制約の中でもこのように描画できることは素晴らしい。 ここまでは手放しで喜んで良いだろう。

    ただ、この方法ではまだ完璧ではない。 「html上で数式を描画したい」というmustな要求は満たされてたが、「本家のサーバに負担をかけたくない」というwantな要求が満たされていないからだ。 でちょっと考えてみたのだが、いい解決策は浮かばなかった。 以下そのときに考えたことの垂れ流し。 なんか良い情報もっていたら教えてください。 【“数式描画にmimetexという選択肢 ”の続きを読む】

    勉強の習慣を改善し、よりうまく覚える方法

    How To Improve Your Study Habits and Remember Better より

    どうやったら勉強する習慣を改善できて、どうやったらより効率よく覚えられるか、 に関しての読み物。

    言及した内容をまとめると大体以下の5つについて書いてある。

  • 初期モチベーションを思い出すこと
  • モチベーションの維持を忘れないこと
  • 予定を立てること
  • 報酬を与えること
  • 知識が定着しやすい勉強方法をとること

    元の文章には、それぞれの具体的な例も書いてある。 文章を読んで作成したマインドマップにもう少し詳しく書いておく。

    how_to_study.png
    【“勉強の習慣を改善し、よりうまく覚える方法”の続きを読む】

  • おいしいお米の炊きかた

    細木数子という占い師が料理指南をしているらしい。 家族がおもしろがってそのTV番組を見て、その方法を実際に試してみた。

    やったことは単純で、要するに米を炊くときに昆布も一緒に炊くのだ。 これで

  • 米が立ったように感じる
  • 米を甘く感じる

    という効果があるらしい。 【“おいしいお米の炊きかた”の続きを読む】

  • 3人のチームメイトの1人でもメダルが取れる可能性について

    オリンピックも終わり、パラリンピックが始まったところです。

    いきなりですが、ここで問題です。

    以下の条件において、少なくともチームメイト1人以上がメダルを取る(3位以内入賞の)確率を求めたい。

  • 全員でx人出場
  • チームメイト3人
  • 選手の実力は肉迫していて、皆同じ確率で優勝できるものとする 【“3人のチームメイトの1人でもメダルが取れる可能性について”の続きを読む】
  • blogを書く手順(2) DSMを利用して作業の順番を評価する

    前回のエントリーで自分のブログの書き方を分析しよう、ということを書いた。 具体的には、以下の3つを調べることだと書いた。

  • blogを書くためにどんな作業をしているのかリストアップする
  • 作業はどんな順番でやればよいのか整理する
  • 書いて修正して読み直して、書いて修正して読み直して…という繰り返し作業がどこにあるのかを把握する

    今回はDSMを利用して上記3項目を検討した。

  • 【“blogを書く手順(2) DSMを利用して作業の順番を評価する”の続きを読む】

    blogを書く手順(1)

    文章を書くのは難しい。 そもそも苦手だから、blogでも書いて書くことに対して免疫をつけようとしている。 ただ今の段階では、残念ながら自分の文章が理解しにくいものである、ということしか感じない。 そういうこともあってかblogや文章を書くのは苦手だ、と思っている。

    なぜ自分は文章を書くのが苦手か、を考えてみた。 【“blogを書く手順(1)”の続きを読む】

    病んだ社会(僕のまわり限定)

    昨日、友人達と食事をしてきた。 久しぶりとはいえ、あいかわらずで楽しい時間だった。

    ただ、問題点もある。 「こんな人間の集団でいいのか」と思えたのでそれを記事にしよう。 【“病んだ社会(僕のまわり限定)”の続きを読む】

    すべての場合を列挙せよ

    ちょっと考え事で全てのパターンを列挙しようとしたのですが、単純な例でも書き上げていくのは結構面倒です。 で、なにか自動でやってくれないか、と探していたらrubyがありました。

    ためしにrubyを使って、以下のルールに従う3枚のカードの並び方を全て求めてみました。

  • 1枚目は1か2のいずれか
  • 2枚目はAかBのいずれか
  • 3枚目はaかbのいずれか 【“すべての場合を列挙せよ”の続きを読む】
  • 今になって見てみたいオリンピック関連資料

    トリノオリンピックが終了した。 荒川静香選手が金メダルを持って帰った。 だからどの番組でもトリノオリンピックを振りかえるときにはほとんど荒川選手が出演していた。 ま、疲れているようだが、そこのところは有名税ということで。 この後のスポンサー契約、CM契約も取りやすくなるだろうし。

    ところで、僕は見てみたいものがある。

    それは、トリノオリンピック開催以前に計画された「トリノオリンピック閉幕後のオリンピック関連番組と予定ゲスト一覧」だ。 オリンピック当初にどの程度の予測をしていたのか、誰に何を聞く予定だったのかが正直にあらわれていそうだからだ。 当然オリンピックなんだから、予想を越えたことも起こる。 その時の為のいわゆる「プランB」がどこまで用意されていたのかも気になるところだ。

    見た目と所属と自覚とのギャップ

    初対面の人の印象は第一印象、つまり外見によって大きく左右されるというのは有名な話です。 更に所属する団体というのもその人の評価に大きく影響します。

    私の体格についてですが、周囲の人間からは「ゴツい」といわれることがあります。 非常に不本意ですが。 ま、顔が怖いと言われてないのが不幸中の幸いなのかもしれません。 また、柔道部に所属していたため、体育会系の人間だと思われています。 だから、私を思いっきり誤解しようとすれば、私は体育会人間である、なんて思っているのかもしれません。

    でも、見た目、キャラの自覚は上記とは幾分かずれたものになります。 まず、私の体格は中肉中背だと思っています。 次にキャラですが、自分は口数の少ない、ダンゴムシのような性格だと思っています。 どちらかというと、他人にあまり干渉せず、内にこもるようなタイプです。 ちょっと体育会キャラからはずれているのかもしれません。 例外はつきものです。

    でも見た目だけで、「いざとなったらkomatsunaにボディーガードしてもらうから大丈夫だよ」と言う人もいます。 ま、そんなときは「はぁ…」とだけ答えてます。 真面目な話、そういうことを言う人のために張る命を私は持ち合わせておりません。どうか、別の人を探してください。 と心の中で返すだけです。 私がその人を襲ってやる気にもなりません。 どうか、私とは関係のないところで生きてください。とダンゴムシよろしく丸くなってしまいます。

    なんていうんでしょう、あまり体育会の人間をつかまえて、笑えない、返答にこまるような冗談や、同意を求めるようなことをしないでいただきたい。 というのが正直なところです。 そんな相手をするなら、体力的にしんどいトレーニングをしていたほうがいいです。 トレーニングなら目的を持って疲れることができます。 対して人間関係での疲れは、何を目指した行為の結果なのか理解できません。 無意味です。

    えー、何が言いたかったかと言うと、体育会の人間全員が体育会の人間だと思って欲しくないということです。 「あんなバカみたいな真似ができるか」と思っている体育会の人間もいるのです。 そんな人間に対し、そちら側の都合の良いステレオタイプで個人を見ないでいただきたい。 ちゃんと個人として付き合う気があるのなら。 個人として対応するようにと私に要求するのなら。

    うまく起きれたときのメモ

    皆さん、1日の睡眠時間はどれだけ取っているでしょうか。 短眠で有名なナポレオンみたいに3時間? ちょっとそれはキツイから4~5時間? それとも6時間、8時間…いや、健康が大事だから毎日12時間ほど寝ているのでしょうか。

    一般に「必要とされる睡眠時間は個人差がある」と言われています。 つまり2人が同じ時間(例えば8時間)寝た場合、1人は「十分寝た。疲れはとれた」と感じているのに対し、もう1人は「まだ寝足りない。疲れが抜けない」と感じているかもしれない、ということです。 で、どうやら適切な睡眠時間というのは個人が「良く寝た。これで十分だ」と思えるかが大切らしいのです。 驚いたことに、適切な睡眠時間は科学的に一律に決められないらしいのです。

    ということは、僕に適切な睡眠時間は、僕が「ああ、良く寝た」と思える睡眠時間だ、ということですね。 必要な時間を算出できない以上、自分の体で試すしかありません。 で、その後起きたときのフィーリングが判断材料になるわけです。

    今朝は目覚めの良い朝でした。 何の障害もなく目が覚めたのは久しぶりのことです。 頭痛もないし、耳鳴りもしない。 疲労感、虚脱感もそれほど感じることもありませんでした。 確かに目覚めてから床を離れるまでには90分ほど時計とにらめっこしていましたが、それは起き上がるのに必要なエネルギーを溜めているからで、決して2度寝したわけでは。 まぁ、その間いろいろ考え事をしているので、ある意味「夢をみていた」と表現できなくも無いですが。 まぁそんなことはいい。 とりあえず、今朝は良い目覚めだったのです。

    昨夜の就寝は19:00頃。今朝の起床は05:00頃。その間ずっと寝られたとして、睡眠時間は10時間。 今日の寝覚めからすると、自分にあった睡眠時間は10時間ほどなのかもしれません。 とりあえず、10時間睡眠での時間割で生活してみてみます。

    自己満足にしか見えない

    「スポーツ界からたばこ一掃」医師たちが要望書 (読売新聞)によるとこんなことがあった。

    オリンピックを機にスポーツ界からたばこを一掃してほしいと、禁煙推進に取り組む日本禁煙推進医師歯科医師連盟(会長・大島明大阪府立成人病センター調査部長)は28日、日本体育協会(森喜朗会長)に対し、選手や指導者の禁煙、競技場の全面禁煙化や自販機の撤去などの取り組みを求める要望書を送った。

    現在こんな活動は要らない。というのも、僕の一般市民的スポーツ施設利用法では煙草の害を受けたことがないからだ。ちなみに僕は煙草を呑まない人間であると同時に僕はスポーツをたしなむ程度の一般市民だ。だから、この運動の必要性にすら疑問を抱いてしまう。改善するためにはその前に不満を覚えないといけないから。

    それに選手、監督だって喫煙によるデメリットは理解しているだろう。それを知って呑みたい人は煙草を呑んでいるのだ。そこまで覚悟を決めている人間にこんな要望書がどれだけの価値があろうか。

    ところで、スポーツというと心肺機能の発達が勝敗に大きな影響を与えていると思いがちだが、心肺機能なんてあまり関係ないというスポーツはなんだろうか。 陸上長距離やサッカー選手、スピードスケートは煙草を吸うと大変そうだ。 でも、射撃とか弓道とか最近の流行りでいうならカーリングとかなら大丈夫、なイメージがある。イメージ先行。 あ、あと陸上でも短距離などの瞬発系なら問題なさそうだ。野球はどうなんだろう。

    と言うわけで、今回の要望書提出は自己満足にしかならないだろう。いや、そもそも「誰一人も煙草を呑んでいない世界」を理想としてない時点で僕がダメなのだろうか。別に必然性はないしな。煙草の臭いは嫌いだけど。

    ところで、「オリンピックを機に」なんて何の脈絡も無く要望書を提出してしまう素敵な集団には興味を覚える。この概念は完全に僕の理解を越えた。今度つかってみよう。「オリンピックを機に布団を干した」とか。

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。